1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. セルフチェック!あなたの目元、衰えていませんか?

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

「旬のキレイをキャッチアップ~美と季節の密な関係」vol.25

セルフチェック!あなたの目元、衰えていませんか?

2016.1.8

顔の印象を大きく左右する目元。目元のたるみやシワ、クマってとっても気になりますよね。「あれ・・・」と落胆する前に、まずは現在の状態をセルフチェックしてみましょう。衰えてきた瞬間を逃さずケアすることができるかも!

目元ケアの基本。まずは日々の習慣を見直し!

毎日習慣的に行っているその行為、実は目元に負担をかけているかも。「老けてきた・・・」と悩む前に、まずはセルフチェックでしっかり見直しをはかりましょう。

■目元にも強い日焼け止めをぬっている
これはNG。目元の皮膚は顔の中でも特に薄いので、刺激に弱いんです。日焼け防止はとても重要なのですが、少し弱めのものを2~3時間おきにこまめに塗り直すことが大切。また、塗る際は皮膚をこすりすぎないよう注意しましょう。

■寝る前にテレビやスマートフォンを見ている
これもNG。仕事でのPC作業やテレビ、携帯電話、スマートフォンなど、現代人は普段から目を酷使しているんです。寝る前に画面をみていると、目が休まらず折角の睡眠効果が減少してしまいます。就寝1時間ぐらい前には画面を見るのを控え、目を休ませてあげるのがよいでしょう。

■アイラインはまつ毛を埋めるようにして引いている
実は、これもあまりよくありません。目の粘膜に刺激を与えることになるため、ドライアイの危険性も。とはいえ、綺麗なお化粧をするには必要なテクニック。まつ毛を埋めるようにしてアイラインを引いている方は、必ずポイントメイク用のクレンジングで丁寧に落としましょう。アイラインをひいたまま寝てしまうなんて、もってのほかですよ!

目元の今の状態をチェック!

鏡を見るとき、人は無意識のうちに見られても良い顔をつくってしまうのだそう。ということは日々見ている自分も顔も、よそ向けの顔なのかも。本当はどんな顔をしているのか確かめてみましょう。

◆確かめ方
①鏡にまっすぐ向かいます。
②リラックスして肩の力を抜き、目を軽く閉じて深呼吸。
③そっと鏡を見て自分の顔をチェック。
④はい、それがあなたの本当のお顔です!
⑤次に目を大きく開きます。

おでこにシワがよっていませんか?シワがよっている方は、おでこや眉の筋肉を使って目を開いている人。目のまわりの筋肉をうまく使えていないので、目元の老化が心配です。

普段何気なくしていることが、目元のダメージにつながっているなんて・・・。今回気づけたあなたはとってもラッキー!日々の習慣を見直し、定期的にお顔のチェックをすることで、衰えの瞬間を見逃さないようにしたいですね。