1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. 冬でもツヤ肌!秋田美人が美しい秘密は○○!?

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

冬でもツヤ肌!秋田美人が美しい秘密は○○!?

2017.1.10

今年も気が付けば終盤にさしかかり、季節はすっかり冬となりました。 気温がガクッと下がり、厳しい寒さが続く冬シーズンですが、寒さによる冷え以外にも避けては通れないのが空気の乾燥です。
冬になると気温が下がると共に空気の乾燥も大きくなり、お肌の水分を奪って乾燥肌を引き起こします。乾燥肌は、大人ニキビやシワ、くすみ、かゆみなどの原因となり、女性にとっての大敵となるもの。これを防ぐためには、日々の保湿ケアがとても重要です。
そして保湿ケアといえば、化粧水や乳液、美容クリームなどによるスキンケアが一般的。
しかし、冬でもしっとりツヤ肌をキープする美人女性たちは、スキンケアだけでなく、さらに+αのケアを行っているそうなのです。その+αケアとは一体どんなものなのでしょうか。今回は、冬の乾燥肌を防ぐための、ツヤ肌美人が行っているケア方法についてご紹介いたします。

美人のカギは「湿度」が握っている!? 秋田美人が美しい理由とは?

「秋田美人」という言葉があるほど、秋田の女性のお肌は白く透明感があり、しっとりと潤った美しい肌であることで有名です。
一体なぜ、秋田の女性のお肌がキレイなのかというと、秋田県の「湿度の高さ」が関係しているといわれています。
秋田と東京を比べるとその差は歴然で、冬シーズンの11月以降の洪水量に注目してみると、明らかな違いが出ているのです。まず、秋田と東京の11月の洪水量では、秋田は東京の2倍以上になり、さらに12月になるとその差は3倍以上にも開きます。
洪水量が異なれば、それは湿度の数字にも違いが出るのは明らかですよね。秋田の11月~1月の平均湿度が約70%であるのに対して、東京では約50%。秋田と東京では20%もの大きな差があるのです。
秋田の女性が秋田美人といわれ、健やかなツヤ肌をキープできているのは、この高い湿度が理由の1つといえるでしょう。

美人は体感温度が高いって本当? 湿度と温度のカンケイとは

湿度の高さは体感温度にも関係しています。冬場は気温が低くても湿度が高ければ過ごしやすいといわれていて、逆に湿度が低いと気温まで低く感じてしまうのだとか。
湿度が低く空気が乾燥していると、お肌から水分が奪われてさらに熱までもが失われます。そのため、湿度が低いところで過ごしている女性は、寒さと冷えに悩みながらもお肌の乾燥を気にしなければならないのです。
一方で、お肌の潤いを保つ美人たちは湿度が高いところで過ごしているので、必然的に体感温度も高いということになります。湿度と体感温度は大きな関係があり、それは美容面にも大きな影響を与えているのです。

湿度をコントロールしてツヤ肌美人を目指して!

冬の乾燥シーズンにお肌を守るためには、湿度をコントロールすることが大切です。
とくに東京のような乾燥する地域にお住みの方は、湿度コントロールがマスト。
日頃から加湿器をかけたり、コップに水を入れて置いておくなど、常に自分の周りの空気が潤っていることを心掛けましょう。家では、洗濯物を部屋干しにしたり、濡れたタオルをヘアにかけておくだけでも、乾燥を防ぐことができます。
また、家だけでなく、乾燥がとくに気になるオフィスでも湿度コントロールを忘れずに。USBケーブルで使用できる卓上加湿器などがお手軽で便利ですよ。

冬の厳しい乾燥シーズンには、お風呂上りや洗顔後のスキンケアだけでなく、日常から湿度コントロールをしていくことが大切なのです。
湿度コントロールを身に着けて、肌トラブルゼロの健やか肌美人を目指していきましょう。