1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. あなたのお尻は見られている!? 憧れのプリッと美尻をゲットしよう

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

あなたのお尻は見られている!? 憧れのプリッと美尻をゲットしよう

2017.5.19

自分ではあまり意識することのないパーツですが、思いのほかに人から見られているのが“お尻”です。多少お肉がついていても、プリッと上を向いていて形がいいお尻であれば、魅力的に見えるもの。しかし、残念なのは形が崩れて垂れ下がってしまったお尻です。
日頃自分ではあまり確認しないからこそ、「気が付いたらお尻の形が崩れていた……」ということにもなりかねません。
お尻の形には大きく分けると4つのタイプがあり、それぞれによって具体的な悩みやヒップアップ方法も異なります。キュッと引き締まったプリッと美尻を手に入れるためには、まずは自分のお尻のタイプを知り、自分に合ったヒップアップ方法を取り入れることが大切です。そこで今回は、憧れの美尻をゲットするためのヒップアップ方法をタイプ別にご紹介いたします。

あなたはどのタイプ? お尻の形をチェックしよう

1.全体が下垂している「垂れ尻」
お尻全体に脂肪がついていて、それが大きく垂れ下がっているという方は、垂れ尻タイプです。お尻の一番高い位置が下がってしまい、太ももとの境目部分に脂肪が溜まってしまいます。手でお尻を触ってみるとフニフニとした柔らかさがあり、手で引っ張ると脂肪が伸びるという場合は下垂している証拠だといえるでしょう。

2.お尻が後ろに突き出ている「出っ尻」
体のラインを横から見たときに、お尻が後ろに大きく突き出ているという方は、出っ尻タイプです。ツンと突き出たお尻からはセクシーな印象も受けますが、お尻が大きくなりすぎているという一面も。また、出っ尻は骨盤の歪みが原因になっていることもあり、反り腰になって腰痛を引き起こす場合があります。

3.平らで立体感がない「扁平尻」
お尻にボリューム感や立体感がないため、平たく潰れたような印象を受けるのが扁平尻タイプです。立体感が無い分横に平たく広がったような形が特徴で、パンツなどを履いたときにスタイル良く決まらないというデメリットがあります。

4.メリハリや曲線がない「四角尻」
ウエストからお尻にかけて全体的に脂肪がつき、それぞれのパーツの境目が分かりづらくなっているのが四角尻タイプです。女性らしい体つきをキープするためには、ボディラインにメリハリや緩やかな曲線が必要ですが、ウエストからお尻の下にまでが同じようなサイズ感になっているため、お尻周りが四角くずっしりとした印象を与えてしまいます。

4.お尻の形を崩してしまう悪習慣とは?

加齢とともに脂肪がつきやすくなり、全身の脂肪が下垂気味になってしまうのは仕方のないことです。しかし、お尻の形崩れは、運動不足や姿勢の悪さなどの日常的な習慣によっても引き起こされるため、年齢が若くてもお尻の形崩れを気にする方もいます。
座るときにはいつも足を組んでしまう、腰が曲がって猫背気味になっている、内股歩きが癖になっているというように、日頃何気なく行っている悪習慣がお尻の型崩れを招いているのです。 そして、この悪習慣によって引き起こされるのが、「骨盤の開きや歪み」です。
骨盤が開き歪んでしまうと、脂肪がつきやすくなりお尻が大きくなるため、より形崩れが起きやすくなります。お尻の形崩れを解消し、美尻に近づくためには基本的な運動や悪習慣の改善とともに、骨盤を矯正するエクササイズを取り入れるのがポイントになります。
お尻のタイプ別に美尻に近づくエクササイズ方法を見ていきましょう。

タイプ別! 美尻をゲットするためのエクササイズ方法

・骨盤の傾きと大臀筋を鍛えるエクササイズで「垂れ尻」を解消
大きく垂れ下がってしまった垂れ尻を解消するためには、傾いて歪んでしまった骨盤を正しく矯正しながら大臀筋を鍛えてヒップアップを目指すのがポイントです。
毎日の習慣として取り入れて、上向きのプリッと美尻を目指しましょう。
<垂れ尻解消エクササイズ>
1.背筋を伸ばした状態で左足を1歩前に出し、つま先を天井に向けて上げる
2.伸ばした背筋をキープしながらお尻を後ろに突き出し、両手を左の太ももの上に乗せて上体を前に倒し体を「く」の字の形にする
3.足の付け根とお腹の間にものがはさまっているようなイメージをし、キレイな姿勢を保ったまま太ももの裏をしっかりと伸ばして10秒キープ×3回
4.1~3を右足も同様に行う

・大きな骨盤の歪みを元に戻すエクササイズで「出っ尻」を解消
とくに骨盤の歪みが気になる出っ尻タイプの方は、骨盤を正常な位置に戻すことに特化したエクササイズがおすすめです。エクササイズ中は息を止めずに、ゆっくりと吸ったり吐いたりを繰り返しながら行いましょう。
<出っ尻解消エクササイズ>
1.椅子の上に左足を乗せる
2.左足の膝関節と股関節が90度になるように曲げる
3.2の状態をキープしながら前に上体を倒し、お辞儀をしているような体勢にする
4.1~3を右足も同様に行う

・お尻の筋肉を鍛えてスタイルアップ「扁平尻」を解消
全体的にのっぺりとした印象を抱いてしまう扁平尻ですが、お尻部分にある「外旋筋群(がいせんきんぐん)」を鍛えることで、股関節の歪みが解消されスタイルアップを目指すことができます。もともと扁平尻だからといって諦めず、コツコツとストレッチをしてふっくら美尻をゲットしましょう。
<扁平尻解消エクササイズ>
1.骨盤を動かさないように両手を腰に当てる
2.右足を上げてつま先が後ろに行くように膝を90度に曲げる
3.両手でしっかりと腰を支え、骨盤が開かないように意識しながら2の右足を外側に開き足で「4」の字を作って10秒キープ×10回
4.1~3を左足も同様に行う

・お尻周りに効果アリ! お尻歩きで「四角尻」を解消
ウエストからお尻の下にかけて全体的に脂肪がのってしまっている四角尻を解消するためには、お尻周り全体にアプローチできるエクササイズが必要です。
骨盤の強制をしながら筋肉も鍛えられる“お尻歩き”で、寸胴体型のような四角尻を解消していきましょう。
<四角尻解消エクササイズ>
1.2~3メートルほどの何も置いていない床を確保する
2.両足のつま先を揃え、膝を伸ばして床に座る
3.両腕を90度に曲げて大きく前後に振りながら腰を前後に動かし、お尻で歩くようなイメージで前に進んでいく
4.前に進んだ分だけ後ろに下がる
※慣れるまでは1日5分程度から始め、徐々に時間や回数を増やしていくようにしましょう。また、お尻歩きをしているときにはつま先や両足が開かないように注意するのがポイントです。

お尻の形崩れを改善するエクササイズは、骨盤の開きや歪みを正してくれるため、お尻だけでなく足のシェイプアップにも効果が期待できます。
また、骨盤の歪みが原因となる腰痛改善にもつながるため、ダイエットだけでなく健康的な体作りを目指すこともできます。
今回ご紹介したエクササイズを毎日の習慣にし、ボディオイルやクリームなどでの保湿ケアも取り入れて、形も肌もプルっとした美尻をゲットしましょう。