1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. サンダルを脱いでも美しく! 足元のケアで素足美人になる方法

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

サンダルを脱いでも美しく! 足元のケアで素足美人になる方法

2017.8.22

気温が上がって太陽がキラキラ輝く季節「夏」。レジャーやイベントごとが増えるため、オシャレをしてお出掛けする機会も多くなりますよね。軽やかなワンピースと素敵なサンダルを合わせれば、夏らしい装いが完成します。
しかし、ここでふと気になってしまうのが、素足の状態。サンダルを脱いだときに足のニオイが充満してしまったり、かかとに角質が溜まってガサガサしていては、せっかくのオシャレが台無しになってしまいます。女性らしさをキープしつつ、夏の装いをより素敵に見せるためには、足元のケアがかかせません。今回は、素足になる機会が多い夏だからこそ取り入れたいセルフでできる簡単足元ケアをご紹介いたします。

素足美人を目指すならチェック必須! 夏に起こる足元トラブル

防寒のためにもブーツや靴下が欠かせない冬に比べ、夏は素足になる機会が多いもの。キレイにペディキュアを塗ってオシャレをしていても、それ以外の部分のお手入れに手を抜いて足元にトラブルが起こっていては女性の魅力が半減してしまいます。
夏に起こりやすい足元のトラブルといえば、「ニオイ」「角質の蓄積」「ムダ毛」「むくみ」など。汗をかきやすい夏場は足のニオイが気になりやすく、素足になるとガサガサのかかとやムダ毛などが目立ってしまいます。さらに、足元がパンパンにむくんでいるままではオシャレなサンダルを履きこなせなくなる上に、スタイルにまで影響を与えることも。
足元のお手入れ不足は、全身にまで影響を及ぼしてしまうのです。オシャレなサンダルを脱いだとき、周りの人々にガッカリされないようにするためにも、足元のトラブルの原因とケア方法をしっかりとチェックしていきましょう。

気になる足元のニオイ……原因とケア方法って?

足のニオイといえば男性が気にしているものというイメージもありますが、実は女性でも自分の足のニオイに悩んでいる方は多いもの。
通気性の悪い靴やブーツを履いているときには蒸れが生じ、とくにニオイがこもりやすいため注意が必要です。夏になればサンダルを履く機会が増えるため、靴自体の通気性は向上しますが、ストッキングによって蒸れが起こります。これに加えて、夏は汗をかきやすい季節。足裏にかいた汗と細菌が混ざって分解されると、気になるニオイが発生してしまいます。
鼻をつくような足のニオイを防ぐためには、とにかく足裏を清潔に保つことが大切です。
入浴時には他のパーツよりも念入りに足を洗い、指の隙間なども洗い忘れないよう注意しましょう。このとき、足専用のソープを使用するのがおすすめです。
また、蒸れやすい靴を履くときには綿製の靴下を履くのが◎ 汗の吸収性が高い靴下を履くことで、蒸れを防ぎニオイを予防することができます。

ガサガサかかと卒業! 角質が蓄積する原因とケア方法とは

硬くゴワゴワとした肌触りで、まるで岩のようになってしまったガサガサかかと。
「気が付いたときにはこの状態だった……」とお悩みの方も多いでしょう。このガサガサかかとの正体は、蓄積した角質です。靴からの摩擦や圧迫があると肌が硬くなり、角質がどんどんと溜まってしまうのです。とくにヒールの高い靴をよく履くという女性の場合、かかとに体重がかかりやすいため、より一層角質が溜まりやすくなってしまいます。
ガサガサかかとをツルツル状態に生まれ変わらせるためには、やすりを使ったかかとケアがおすすめです。まずはシャワーと石鹸などでかかとをよく洗い、清潔な状態にします。柔らかいタオルで水分をしっかりと拭いたら準備はOK。かかと専用のやすりを取り出して軽く磨いていきます。より角質が厚くなっているところは目が粗めのものを、比較的角質が薄いところは目が細かいやすりを使いましょう。強く擦ったり、何度もやすりをすると角質の削りすぎになってしまうため、優しい力加減で何度も繰り返し行わないよう注意してください。やすりは上下に動かすのではなく、一方向に動かすのがポイントです。

女性の大敵! ムダ毛もしっかりと処理しよう

女性にとって永遠の悩みともいえるのが、ムダ毛ですよね。秋冬の間はムダ毛処理を多少さぼってもOKですが、夏になるとミニ丈のオシャレをする機会が増えたり、タイツやストッキングを身に着けないことも多くなるため、こまめなムダ毛処理が欠かせません。
しかし、いくらムダ毛が気になるからといって、あまりに頻繁にムダ毛処理を繰り返していたり、間違った処理方法をしていると、肌荒れを引き起こす可能性もあります。ムダ毛処理をするときには、肌に優しい方法で行うことが大切です。
足元のムダ毛処理は、まず蒸しタオルで足を温めることから始めます。毛穴が開いたらシェービングクリームをまんべんなく塗り、刃の新しいカミソリで毛が生えている方向に向かって剃っていきましょう。このとき、同じ箇所を何度も剃ったり、強く力を入れたりしないように注意してください。足のムダ毛を全体的に剃れたら、指や膝などの見落としがちなパーツもチェックし、剃り残しがないか確認を。カミソリでのシェービングが終わったら、ボディローションやクリームを塗ってきちんと保湿ケアを行いましょう。

パンパンの足を防ぐ! 夏のむくみケア方法

体のいたるところに現れるむくみも、女性にとって大きな悩みにつながるもの。
とくに、デスクワークで長時間座りっぱなしの方や、これとは反対に長時間立ちっぱなしの方、運動不足の方、体に冷えを感じやすい方などはむくみが起きやすくなっています。
朝は余裕を持って履いていた靴が、夕方にはパンパンにふくらんでいると、太っているように見えてショックですよね。
夏は、オフィスやショッピングモール内など、どこへ行ってもクーラーがかかっています。中には寒さを感じるほど設定温度を下げているところもありますが、このように体が冷えると血行不良が起こってむくみが生じやすくなってしまうのです。また、夏だからと水分や塩分を多くとると逆にむくみが起こる場合があります。
むくみを防ぐためには、日々の生活の中に少しずつ運動を取り入れて筋力アップを目指すことが大切なポイント。加えて、リンパマッサージで血行を促したり、温かいものを飲んで体の中から温めるなどのケアもおすすめです。お風呂から上がったあとはフットクリームを塗ってリンパマッサージをし、スッキリとした足を手に入れましょう。

足元は意外にも多くの人から注目されている部分です。それに対してニオイや角質、ムダ毛、むくみなどのトラブルが起きやすい部分でもありますが、これらのトラブルは日々の基本的なケアを行うことで防ぐことが可能です。夏の素足美人を目指して、毎日の足元ケアをしっかりと行っていきましょう。