1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. 美容はもちろんダイエットまで!? 「クコの実」に秘められた効果とは?

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

美容はもちろんダイエットまで!? 「クコの実」に秘められた効果とは?

2017.9.28

クコの実と聞けば、多くの方が「杏仁豆腐の上にトッピングしてある赤い実でしょ?」と答えるでしょう。確かに、料理やスイーツなどに使われることは少なく、家庭ではあまり馴染みのない食材ですが、実はクコの実には驚くほどたくさんの美容効果が秘められています。
さらに、クコの実は夏に花を咲かせて秋に収穫されるため、これからがまさに旬と言える食材。夏の環境によってお疲れ気味の肌をイキイキとさせ、これから始まる乾燥シーズンに打ち勝つためにも、クコの実を取り入れましょう。 クコの実に秘められた美容効果と、おすすめの秋レシピをご紹介いたします。

キレイになりたい方は必見! クコの実の美容効果

・オレンジの約500倍! ビタミンCの含有量がすごい!

肌を健やかに保つために必要な栄養はたくさんありますが、中でも欠かせないのが“ビタミンC”。柑橘類に多く含まれていることが有名ですが、クコの実にはなんとオレンジの約500倍もの量が含まれているというから驚き。小さな赤い実の中に、女性に嬉しいビタミンCが凝縮されているのです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促すため、肌のハリや弾力アップに効果が期待できます。年齢を重ねるごとに肌のたるみやシワが気になってきたという方は、必須とも言える栄養です。また、ビタミンCにはメラニン色素の沈着を抑制するという働きもあります。シミやそばかす、くすみなどの肌トラブルにも効果を発揮してくれるため、透明感あふれる明るい肌を目指す方の強い味方となってくれるでしょう。

・ダイエッターに耳より情報! クコの実にはダイエット効果も期待できる!?

女性として生まれたからには、美しいボディラインをキープしていつまでもオシャレでいたいと思うのは当然のこと。しかし、激しい運動やつらい食事制限などを取り入れたダイエットは長続きしにくいですよね。ダイエットに挑戦して途中で諦めたという経験がある方も少なくないでしょう。
そんな悩める女性の救世主となるのが、クコの実によって得られるダイエット効果です。
クコの実には代謝を高めるビタミンB1やB2が含まれているため、脂肪燃焼効果が期待できます。クコの実を摂取すると、脂質や糖質がエネルギーとして消費されやすくなるので、痩せやすく太りにくい体に近づくことができますよ。 さらに、クコの実には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は満腹感が得られる上に、腸内環境を改善してくれるため便秘解消にも期待できます。便秘解消はダイエットのために重要であることはもちろん、ニキビなどの肌トラブルの改善にも大切です。

食べ過ぎ厳禁! クコの実の摂取方法とは?

クコの実に含まれる栄養や美容効果をゲットしようと思うと、ついたくさん食べたくなってしまいますが、摂取量には注意が必要です。 美容や体に嬉しい効果をもたらしてくれるクコの実は、漢方薬にも使用されるほど栄養満点の食材。過剰に摂取しすぎると、血糖値の上昇や生理を早めるなどの副作用が出る可能性があると言われています。味にクセがなく小さな果実であることからも、パクパクと食べてしまいがちですが、摂取量は1日10~20粒程度を目安にしましょう。
また、クコの実の摂取は、妊娠中の女性は控えたほうがいいとも言われています。栄養満点で健康効果にも優れているため、妊婦にも嬉しい効果をもたらしそうなイメージがありますが、クコの実に含まれるベタインという成分が要注意。ベタインには、陣痛を促進させるという働きがあるため、妊婦が摂取すると早産になる可能性があると言われているのです。
必ずしも起こるとは言えませんが、妊娠中はクコの実の摂取を控えましょう。

秋に食べたいスーパーフード“クコの実”の簡単レシピ

・肌寒い夜にほっこりおいしい「クコの実とたまねぎのスープ」

季節が変わって秋になると、朝晩の冷え込みも徐々に強まっていきます。体の冷えは、美容や健康の大敵となるもの。おいしさと栄養がたっぷりと詰まったあたたかいスープを飲んで、秋もキレイをキープしていきましょう。

<材料>2人分
水…………………………2リットル
ショウガ…………………1片
ニンニク…………………1片
ネギの青い部分…………1本分
鶏ガラスープの素………大さじ2
塩コショウ………………少々
たまねぎ…………………1個
クコの実…………………10~20粒程度
<作り方>
ショウガとニンニクを千切りにし、たまねぎを一口サイズに切る
鍋に水と鶏がらスープの素、1のショウガ・ニンニクを入れる
煮立ったらたまねぎとクコの実を入れて煮込む
たまねぎが柔らかくなったら塩コショウで味を整える

今回は、あたたかいスープのレシピをご紹介しましたが、他にも炒め物やスイーツにも使うことができます。スーパーなどでは中華材料のコーナーなどに並んでいるため、手軽に購入できるのも嬉しいポイントです。
過剰摂取には注意しながらクコの実を食卓に取り入れて、秋も美しさに磨きをかけていきましょう。