1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. ホルモンを制する女性は美を制する!幸せホルモン‘オキシトシン’とは?

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

ホルモンを制する女性は美を制する!幸せホルモン‘オキシトシン’とは?

2017.11.22

久しぶりに会った友人や知人が「あの人以前よりキレイになったな!」と感じた経験は誰もが一度や二度はあるはずです。
そんな時必ずやその人の身体に充足しているホルモンがオキシトシンです。
オキシトシンの通称は絆ホルモン愛情ホルモン、そして幸せホルモン。輝かしい言葉たちが表現するように、女性にとって気になるホルモンであることは確かです。
私たちの身体は生態系を維持するために、神秘的なほど精密にできているのはご存知の通り。たくさんの組織で器官を形成し、それぞれが上手く機能し連携をとりながら、健康を保っています。その中でもホルモンは末梢組織で、筋肉の収縮を助ける働きや、中枢神経内での神経伝達物質としての働きを担っています。人間の身体は、必要な時に、必要な量を、必要とする部位へ、必要な期間、ホルモンを送り届けるシステムが備わっています。
ホルモンの種類は、現在発見されているだけでも100種類以上。その中で女性のライフスタイルを左右すると言っても過言でないのが女性ホルモンです。こちらはもちろん通称で、通常はエストロゲンプロゲステロンの二種類を指すことが多いのですが、実は今注目のオキシトシンもこのカテゴリーの中に入っています。

オキシトシンは出産に関わるホルモンです。子宮を収縮させて分娩を促したり、乳腺の発達や乳汁の分泌を促したりなど、非常に重要な役割をはたすためです。それにより当初、妊娠した女性のみに分泌されるものと考えられていましたが、最近では出産経験がない女性や男性にもこのホルモンが分泌されていることがわかってきました。 またオキシトシンは人間がストレスを受けた時、脳内の視床下部からそれに対抗するように分泌されます。つまりストレスを緩和する役割をし、「幸せ」だと感じやすくする手助けをしているのです。これが幸せホルモンとされるゆえんです。

オキシトシンの活性化は信頼行為がキーワード エステティックのマッサージでも分泌

 

では私たちは日常の行動の中でオキシトシンの分泌を活性化させる事ができるのでしょうか?
答えはYes!。しかも誰でも簡単にできてしまいます。
まずオキシトシンは心地よいと感じるスキンシップで分泌が促がせます。当初は愛情を感じている男女間や親子関係などの親密なスキンシップで増えるとされていましいた。ところが他人やペットなど動物、また抱き枕のような物質でも実際肌に心地よく触れられる行為で分泌されるとわかってきたのです。

エステティックなど他者からの肌に触れるマッサージからももちろん分泌され、ホルモンバランスの観点からも、未病対策として推奨するドクターまでいるほどです。しかも更に面白い事実は触れられる方だけでなく、「癒してあげよう」と触れる方にもオキシトシンが出ることがわかってきました。エステティシャンにきれいな人、きれいになっていく人が多いのもこの要素が少なからず絡んでいるかもしれません。
また別名絆ホルモンとされるのは、信頼関係から生まれる会話や目を見つめるという行為など「人に親切にする」、「人を信じる」ことなどからも分泌されることがわかっているからです。オキシトシンを人工的に体内に補ったあとに、普段なら信じないうその話つまり詐欺行為を信じてしまったという実験まであるほどです。
その他、映画や本、音楽など芸術などで感動や感激することなどからも分泌されることが知られています。

言い換えればオキシトシンが分泌される行為が、日常生活に溢れている人は幸せを感じられる状態で満たされており、他者からも美しいとされる人なのでしょう。
オキシトシンホルモンを意識する生活を送って、自然に、絆、愛情、幸せを呼び寄せる美しい人になってみませんか?