1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. 紫外線量が少ない今がチャンス!真冬のホット美白のススメ

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

紫外線量が少ない今がチャンス!真冬のホット美白のススメ

2019.2.28

美白のお手入れは夏にするものと思っていませんか?実は、紫外線量が少ない真冬こそ、美白ケアの最適シーズンなのです。なぜ真冬に美白ケアが最適なのか、真冬のホット美白のメリットやお手入れのコツ、旬の食材を使ったホットな美白食などをご紹介します。

なぜ真冬に美白ケア?

それは、夏の紫外線によってできたシミがお肌に現れるのが冬だといわれているから。また、冬は乾燥や寒さによってお肌がくすみやすいため、お手入れの必要を感じる方も多いのでは。なにより、紫外線量が少ない冬は、紫外線ダメージにさらされにくく、効果を実感しやすいのです。

真冬のホット美白のメリットとお手入れのコツは?

真冬は、寒さのせいでお肌がこわばり、成分が浸透しにくくなっています。温めることで美白成分の浸透が促され、さらに効果が発揮されます。

・洗顔はぬるま湯で
落とすお手入れも温めることを実践して。洗い流す時のお湯の温度は35℃前後がおすすめ。
温度が高すぎると、お肌に必要な皮脂まで奪ってしまうのでご注意ください。

・お手入れ前に蒸しタオル
化粧水の前に、蒸しタオルで肌を温めましょう。寒さでこわばった肌がほぐれて、美白成分が届きやすい肌に整えます。

・手で温めてから塗る
乳液やクリームは、手の平で温めてから、肌になじませましょう。肌なじみがグンとよくなります。

・仕上げにハンドプレス
すべてのスキンケアが終わったら、両頬、額、顎を、それぞれ手の平で包み込むようにして約5秒間。手の温かさを使って美白成分を押し込みます。

旬の食材でつくるホット美白食

美白にいい栄養素はビタミンCとビタミンAの2つ。ビタミンCは、シミのもと、メラニンの生成を抑えるだけでなく、できてしまったシミに働きかけてくれます。肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出に一役買ってくれるのがビタミンA。2つの栄養素を豊富に含む旬の食材でつくるホットな美白食で、体の中から美白しましょう。

・銀ダラの野菜たっぷり鍋
ビタミンCが豊富な春菊、白菜、大根と、ビタミンAが豊富な銀ダラを使った鍋です。鍋のタレにビタミンCを含む柚子を皮ごとすりおろして加えると、栄養価がさらにアップ。

・彩り野菜のホットサラダ
ビタミンAが豊富なカボチャ、ニンジン、ブロッコリー、菜の花を使ったホットサラダはいかがですか。野菜類を蒸すのは電子レンジを使えば手軽です。ビタミンCが豊富なアセロラ、レモンを使ったドレッシングを合わせて。

・グリーンホットスムージー
夏に比べてビタミンCが4倍多く含まれているといわれている、ホウレン草を使ったホットスムージーがおすすめ。甘みは、ビタミンAが豊富なバナナを加え、電子レンジで5分程加熱すればOK。

他にも真冬の美白ケアに必要なことは?

・日やけ止めを塗る
冬は紫外線量が少ないため油断しがちですが、お肌は1年中紫外線を浴びています。当然、シミのもとになるメラニンも1年中活動しています。美白肌を保つためには、シミをつくらないこと。冬でも日やけ止めは必ず塗って、お肌を紫外線から守りましょう。

・しっかり保湿する
干からびた大根と、水分を含んだ大根を比較すると、水分を含んだ大根は、白く透き通っています。お肌も同じ。たっぷりのうるおいで満たしてあげれば、白く透明感のある肌も夢ではありません。

紫外線量が増える春はすぐそこ。春色のファッションが似合う美白肌を手に入れるためにも、今から美白ケアをはじめませんか。