1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. この春、キレイ&スリムをめざすなら必見! 話題のビューティワードと美容成分

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

この春、キレイ&スリムをめざすなら必見! 話題のビューティワードと美容成分

2019.3.25

女性にとって、美容と健康は関心が高いキーワードのひとつ。毎年、美容や健康に関する新成分や新しい情報が次々と登場し、ネットや美容雑誌などで取り上げられ、話題になっています。そこで、昨年流行した美容情報とともに、美肌、老け対策、ダイエットに効果のある、これから注目の美容成分をご紹介します。

2018年に話題になったビューティワードは?

・老化現象の一種「糖化」
体が酸化することを俗に「体がサビる」といいますが、糖化とは過剰な糖によって「体がコゲる」状態のこと。糖化によって、さまざまな体の不調に加え、肌のくすみ、ハリ・弾力不足を引き起こします。コスメだけでなく、糖化対策のサプリや、運動なども話題になりました。

・大手化粧品会社が参戦「シワ改善コスメ」
2018年に大ブームを巻き起こしたのが、ポーラの「リンクルショット メディカル セラム」。シワを改善する薬用化粧品としては日本初承認。コスメデコルテ、ベネフィークなどの大手化粧品会社が続々参戦。シワが気になる女性にうれしいニュースでした。

・自分に似合う色がわかる「ブルベ&イエベ」
「ブルベ」はブルーベース、「イエベ」はイエローベースの略。皮膚から透けて見える血管の色味が青っぽいならブルベ、緑っぽいならイエベといわれています。例えば同じピンクでも、ブルベは青みがかったフューシャピンク、イエべは黄みがかったサーモンピンクというように、似合う色を選ぶひとつの基準として話題になりました

・BBクリームだけじゃない「K-Beauty」
韓国コスメの代表選手は、10年前大ブームを巻き起こしたBBクリーム。美容大国ならではのエイジングケアコスメや、3CEやエチュードハウスなど、インスタ映えするポップでかわいいパッケージにこだわったブランドが、日本の美容雑誌やSNSでも取り上げられました。

2019年に注目の美容成分&素材は?

・老化対策に期待が集まる「NMN」
「NMN」は、ニコチンアミドモノヌクレオチドの略。体の中に存在する物質で、長寿遺伝子を活性化させるといわれています。体のサビを防ぐ抗酸化や体のコゲを防ぐ抗糖化に続く、若々しさを保つための成分として、化粧品やサプリでの展開が期待されています。

・うるおい美肌になれる「プロテオグリカン」
プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンと同じように体の中にあるタンパク質で、優れた保水力があります。その保水力は、ヒアルロン酸に比べて、約30%も高いとか。美肌に不可欠なうるおいを補えるだけでなく、軟骨を支える成分としても注目されています。

・インドのアーユルヴェーダでも使われる「センシレン」
インド、スリランカ原産のハーブです。インドネシアでは、強壮剤としてドリンク剤に使われたり、タイや中国でもさまざまな薬効が知られています。日本では、さまざまな不調を和らげるサプリメントとしての効果が知られています。

・ダイエットの救世主「ターミナリアベリリカ」
インドでよく知られているスーパーフードです。糖と脂肪に働きかけるメタボ用素材として、主にサプリメントに採用されています。甘いもの、脂っこいもの両方に対応しているので、食べたいものを我慢したくないかたにおすすめの素材です。

新しい成分は、一過性のものもありますが、本当によいものは残っていくもの。また、自分に合うかどうかも大切なので、まずは、試してみることから始めてみませんか。