1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. 目元悩みをつくらない!コンタクトやカラコンとのつきあい方って?

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

「旬のキレイをキャッチアップ~美と季節の密な関係」vol.22

目元悩みをつくらない!コンタクトやカラコンとのつきあい方って?

2015.11.20

視力矯正用のコンタクトレンズはすでに一般的ですが、最近はおしゃれ使いでカラーコンタクトレンズ(カラコン)をつける方もますます増えてきました。どちらも目元にとってどうなの?負担はかからない?今回はそんなお話をしていきます。

その疲れ目はコンタクトやカラコンかも!?

疲れ目の原因はさまざま。たとえば長時間のパソコン作業で目を酷使したり、スマホやタブレットを長時間見過ぎることでまばたきの回数が減り、乾燥したり目の周りの筋肉が血行不良になって疲れを感じることがあります。自覚はなくても周りの人から「疲れてる?」と言われる場合は、クマができているかも。クマは睡眠不足だけでなく、疲れ目からくる血行不良でなることも多いのです。

そして今回のテーマでもあるコンタクトとカラコン。これらも疲れ目の原因になっていることがあります。コンタクトの場合はメガネと同様、度数が合っていないとかえって目に負担をかけることに。またこれはカラコンにもいえることですが、レンズの形状が目に合っていないと目を疲れさせてしまいます。

日頃から装着している人が気をつけたいことって?

コンタクトレンズやカラコンの間違った使用で目の周りの血行が悪くなると、筋肉がこって新鮮な酸素や血液が十分に巡らなくなってしまいます。そういった疲れ目の状態を放っておけば、やがてはシワやクマ、くすみという形で現れる場合も…。コンタクトを使用している方で目元悩みがある場合は、まず眼科できちんと検査を受け、自分に合った度数・形状のコンタクトを選んでいるか確かめてみてください。

ファッションとして使うカラコンはこうした検査をせずに買う方が多いですが、目の健康やケアのためには一度検査を受けておいたほうがいいでしょう。そしてどちらもできれば長時間の装着は避けたいもの。家に帰ったら外して目を休める、メガネで過ごす日を作る、というのも立派なケアのひとつ。メガネをかける日を増やしたらクマができにくくなったという例もあるんですよ。

まとめ

コンタクトやカラコンが疲れ目やクマ、シワなどの原因になることがあるなんて、ちょっと意外ですよね。おしゃれや見た目のためにしていることがかえって裏目に出てしまうのは悲しいこと。正しいレンズ選び、できるだけ目に負担をかけない工夫、この2つを心得て目の健康に気をくばりましょう。