1. ホーム > 
  2. ビューティーコラム > 
  3. ムダ毛処理の意外な盲点、うなじのうぶ毛は……

BEAUTY NEWS 美人になれるビューティーコラム

「旬のキレイをキャッチアップ~美と季節の密な関係」vol.15

ムダ毛処理の意外な盲点、うなじのうぶ毛は……

2015.8.28

ムダ毛……と聞いて思い浮かぶ代表的なパーツは、やはりワキや脚、Vライン。しかし、前回ご紹介した背中のうぶ毛 よりもさらに盲点なムダ毛があるのをお忘れではありませんか?

どこから見られても大丈夫

答えは、「うなじ」のうぶ毛です。ショートヘアのみならず、ポニーテールやお団子ヘアといったアップスタイルなど、髪が短くても長くてもうなじが露わになるシーンはとても多いですよね。しかし、鏡を使ってもよく見えない、または太い血管が通っている「首」という場所だけに、自分でカミソリを使って剃るなんてちょっと怖いですし、どうせうぶ毛だから……と、何もされていない方がほとんどではないでしょうか。

ムダ毛の処理で一般的なカミソリを使った方法は、うなじの場合に限ってはあまりおすすめできません。大きな鏡の前で手鏡を後ろ手にもちうなじを映しながらカミソリを扱うのはとても危険だからです。また、万が一、不自然に剃ってしまった毛は、なかなかもとに戻るまでに時間が必要になりますので、失敗もできません。

フェイシャル用電気シェーバーがおすすめ

首もとという場所柄、自分では十分に見えない状態で刃物をあてるのは避けたいところですよね。カミソリよりももっと安全に剃りたいという場合は、フェイシャル用の電気シェーバーがよいでしょう。フェイシャル用なら刃も小さく、優しい剃り心地ですので、操作しやすいです。ポイントは、毛の流れに沿ってシェーバーで優しくなぞること。あまりばっちりと剃ってしまうと、次に生えてきたときに境目が不自然になってしまうので、焦らずに鏡でゆっくりと確認しながら処理しましょう。

また、今回もっともおすすめしたい安全なうなじのうぶ毛脱毛法はタオルを使うものです。生活雑貨店やドラッグストアなどで売られているうぶ毛処理専用のタオルでこするだけで、首元から背中まで簡単に処理することができます。お財布にもお肌にも優しいのに、ナチュラルで美しい仕上がりになりますよ。欲張ってゴシゴシとこすりすぎると、お肌を傷つけてしまいますので、くれぐれもご注意ください。

不器用だし、自己処理は面倒、もっと自然な感じにしたいという方には、やはりエステサロンでの脱毛施術を受けるのがよいでしょう。プロの手におまかせすれば、なくしたいムダ毛と残したいうぶ毛を左右対称に美しく処理することができますよ。

うなじのうぶ毛が濃く、今までショートヘアやアップスタイルにするのをためらっていたあなたも、今年はきちんと処理をして、様々なヘアスタイルにチャレンジしてみませんか?